焼酎の分類と健康効果

焼酎は日本の伝統的なお酒、蒸留酒のひとつです。
蒸留方法によって、甲類と乙類に分けられます。
甲類は糖蜜を原料に連続式の蒸留器で蒸留して作るものです。アルコール度数が36パーセント未満のものですが、何度も蒸留を行うため、アルコール純度が高くなります。そのため風味が失われ、無色で癖がないものが多いです。果実酒を作るときに用いられるホワイトリカーは、甲類に分類されます。
乙類は米や麦、サツマイモなどを原料とし、単式の蒸留器で蒸留して作るものです。アルコール度数が45パーセント未満のものを言います。一回の蒸留で作るために原料本来の風味が出て、独特の味わいです。本格焼酎とも呼ばれます。そばや栗を使った焼酎や、沖縄の泡盛も乙類に分類されます。
焼酎を造る地方では、その地ならではの農作物を原料に用いることが多く、その土地の風土を味わうことができるのです。
焼酎は健康効果も期待されており、特に本格焼酎は他のお酒に比べて血栓溶解酵素が多く放出されるため、脳血栓や心筋梗塞になりにくいといわれています。他にも善玉コレステロールを増やす作用が働き、動脈硬化を予防する効果があったり、ストレスを緩和する効果も期待されます。しかし、飲みすぎは危険なので、適度の飲酒を心掛ける必要があります。